未来の美容整体「A.Gute(アグーテ)」

愛知県津島市にある未来の美容整体「A.Gute」です。当店のメニューは、すべて統合医療を元につくっています。体が持つ自然治癒力を最大限に生かし、体に必要ないいことだけをすれば、驚くほど結果はでます。これまで体感したことのない”未来の美容整体”をぜひ!

春の肌荒れには…

こんにちはとびだすピスケ2

 

津島市にある A.Gute整体院 西山です。

 

春の陽気は心地良く気持ちいい季節ですね桜

 

でも

 

気をつけなければならないのが肌のトラブルガーン

 

気持ちがいい季節でもありますが

 

春は空気の乾燥、気温差、花粉でお肌が刺激されトラブルも多くなる季節ビックリマーク

 

 

春の肌荒れの要因

   気候的な要因

   花粉や大気汚染など

 

インナードライにも気をつけなければならない季節

 

よく耳にしますよねインナードライ肌

 

では、

インナードライ肌とは

 ⇒テカるほど皮脂が分泌されているのに実は内側はカラカラに乾いている状態!

8割以上の女性がこのインナードライ肌の疑いもあるとかびっくり

             

            f:id:agute:20170412095302p:plain

インナードライ肌の症状

皮脂が多く分泌されるため洗顔を入念にするなどのケアをしているのに逆にテカってしまったり、ニキビができてしまったりと…これこそがインナードライ肌だそうです。

他にも

キメが荒く毛穴が目立つ

かさつきを感じる

皮脂がでているのに肌がつっぱる気がする。

肌のごわつき、化粧ののりが悪い

保湿ケアしているのに乾燥する

肌の状態が安定しない

 

などこれらの症状がある場合はインナードライ肌である可能性が高いと考えられるそう。

 

インナードライ肌とは

肌表面はしっとりしているのに実は水分が不足している状態。

水分が不足しているということは乾燥しているということなのでターンオーバーが正常に行われず、シワ、シミ、くすみ、はり不足などさまざまな肌トラブルを起こしてしまう。

 

インナードライ肌の原因

インナードライ肌の原因は肌の乾燥。

肌は乾燥すると外からの刺激に弱くなるので防衛本能でうるおいをキープしようと皮脂を分泌します。それにより脂性肌だと勘違いして間違ったケアを行ってしまいインナードライ肌が進行してしまうという悪循環に陥ってしまうためいつまでも改善されないと

 

そもそも乾燥してしまう!原因には

冷暖房による空気の乾燥や紫外線によるダメージ

間違ったスキンケアなどといった外部的な要因だけでなく

不規則な生活

ストレス

偏った食生活 など内的要因も関係しています。

これらの原因により肌から水分が抜け出て内側がカラカラに乾いてしまうのですショボーン

 

インナードライ肌にはしっかり保湿を

温度も湿度も高い日本!

汗がでやすいこともあり肌が潤って見えます

ですが内側は乾燥している可能性が…

 

肌の水分を保持しているのは皮脂膜NMF(天然保湿因子)、細胞間脂質(セラミドなど)です。この保湿の役割をもっとも多く担っているのが細胞間脂質です。

これらの成分を減少させるのが間違ったスキンケアや生活習慣です。

そして適度な洗顔と水分チャージをきちんと行い、そして最後に乳液やクリームでフタをすることも忘れずに!

また外出時にはしっかりとした紫外線対策をして肌のダメージを防ぎましょうビックリマーク

 

私たちの肌にはいろんな肌質がありますね鏡

オイリー肌、脂性肌・乾燥肌・敏感肌・混合肌すでになじみのある言葉ですね

そしてインナードライ肌!

 

みなさんのお肌はどうですか?

 

インナードライ肌になりやすい生活習慣とは?スキンケアは?

また今度照れ

 

 

ベル当院の美顔リフレはまず酵素ドリンクを飲んで内側から『細胞活性』と『デットックス』を促し

美顔リフレとデコルテマッサージの施術に入ります。そして最後に外側からのアプローチ!

しみ・しわ・たるみ・保湿に効くサプリメント(基礎化粧)で整えます。

ぜひ体感してみませんかおねがい

 

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002

旬のパワーで

こんにちはとびだすピスケ2

 

津島市にある A.Gute整体院 西山です。

 

デトックス

 

よく耳耳にするデトックス

 

テレビテレビでも 本本でも くいついてしましまいますニヤニヤ 

 

 

旬なパワーでデットックスアップ

 

美容効果絶大の春野菜

 

 気になりませんか~耳

 

ポカポカな日差しを浴びると心もウキウキしてきます照れ

冬から春へと季節が変わり私たちの体も目覚め冬の間にため込んだ余分なものを排出しようと動き始めるそうです。

 

身体のデトックス効果をより高めてくれる旬の春野菜とは…

どんなもの???

 

 

①春キャベツ→美肌へ

 春キャベツは冬に収穫された物より葉が薄くて柔らかく、みずみずしいのが特徴ですね。栄養面でもビタミンCの含有量が1年の中で最も多く美肌効果が期待できる。

その量は葉っぱ2枚で1日に必要なビタミンCが補えるほど!

春キャベツは熱に弱いのでなるべく生で食べるのがおすすめです。

 

②タケノコ・菜の花・山菜類→苦みでデットクス

 菜の花やタケノコ、山菜類などの苦みがある食材たち、この苦み成分は『植物性アルカロイド』と呼ばれ、腎臓の濾過機能を高めて身体の老廃物や余分な水分を排出し新陳代謝を高める働きをしてくれます。春にはこの苦みのある食材を食べることが健康を保つ秘訣だと考えられます。

 

おすすめは タケノコ

 

今の時期にお勧めの食材は『タケノコ』です。

食物繊維カリウムも豊富なので便秘やむくみの解消にも効果あり、デットクスには最適!先端の方が根元より栄養価が高く味も良い。

 

③新玉ねぎ→むくみ改善・アンチエイジング

 皮が薄く、みずみずしく辛味が少ない『新玉ねぎ』 シャキシャキと生でも美味しく食べれますね。栄養価は通常の玉ねぎと大差ないそうですが生で食べれるというところが良いですね。

サラダとかサラダ

玉ねぎには血液をサラサラにしてくれる『アリシン』と肌荒れを予防する『ビタミンB1』が豊富に含まれています。ですが熱と水に弱く、加熱料理や水にさらしたりすると効果が減ってしまいます。その点、新玉ねぎは生で食べることができるので効果的に栄養が摂取できる。

さらにこのアリシンとビタミンB1は同時に摂取すると体内で結びつきアリアチアミンという物質に進化して血液中で双方の効果がより長く維持出来るようになります。また玉ねぎには強い抗酸化作用もあるのでアンチエイジング効果も期待できます。

 

④ニラ→腸活に効果

 ニラには『クロロフィル』という葉緑素が多く含まれていてクロロフィルにはコレステロールの抑制や胃腸の中に付着した老廃物を吸着して体外に排出する働きがある。

小腸は絨毛という細かい突起のすき間で栄養を吸収している。老廃物がその谷間に溜まると必要な栄養分を吸収できなくなってしまいます。クロロフィルは分子が小さく食物繊維など他の栄養素が入れないすき間の老廃物もしっかり吸着し体外に排出してくれるのです。クロロフィルは固い細胞壁に守られているので食べる時は加熱したり細かく切るなどして細胞壁を壊してから食べるとよいでしょう。

 

⑤グリーンアスパラ→疲労回復効果

 アスパラガスの代表的な栄養素はアミノ酸の一種である『アスパラギン酸』です。

アスパラギン酸にはアンモニアの解毒やカリウムとの相乗効果による利尿作用がすぐれ、老廃物を効率よく排出してくれます。またエネルギーを作ったり乳酸お分解促進、ミネラルの働きを助けるなど疲労回復にも効果が期待できます。

 

⑥ソラマメ→春の不調に

 ソラマメはビタミンB2が豊富です。ビタミンB2は皮膚の粘膜や髪、爪などの成長を促進する働きや老化の原因となる体内の過酸化物質の分解を促進するので肌のシミやシワ、白髪などの予防に効果を発揮する。またソラマメには亜鉛や鉄分などのミネラルも豊富に含まれている。豊富なミネラルは血液を作るもとになるので貧血の予防にも効果的!また貧血が改善されると免疫力があがり、この時期の肌や身体の不調を改善することにもつながります。ソラマメはさやから出して塩ゆでして食べるのが一般的ですが茹でると栄養成分が流れ出てしまうのでさやごと焼いたり蒸す方がおすすめだそうです。

 

 

春は生命力あふれる野菜で解毒を促しデットックスし

 

              f:id:agute:20170412094926p:plain

 

身体の中からキレイになりたいですねデレデレ

 

そんな

 ↓

ベル当院の美顔リフレはまず酵素ドリンクを飲んで内側から『細胞活性』と『デットックス』を促し

美顔リフレとデコルテマッサージの施術に入ります。

そして最後に外側からのアプローチ!しみ・しわ・たるみ・保湿に効くサプリメント(基礎化粧)で整えます。

ぜひ体感してみませんかおねがい

 

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002

春のスキンケア

こんにちはとびだすピスケ2

 

津島市にある A.Gute整体院 西山です。

 

春は気持ちいい季節ですよね黄色い花

 

花粉がなければ…笑い泣き

 

花見も楽しみなんですけどねチューチュー生ビール

 

 

私は花粉にPM2.5で肌が痛痒く顔全体が赤くなってしまうぐらいで…チーク(頬紅)との境がわかりにくいぐらいの日もありますチーン

なので

春トラブルではスキンケアにも気をつけたほうがいいそうですキラキラ

 

どう気をつければいい??

 

そんなんでこんな記事を読んでみましたサーチ

 

 

肌トラブルではスキンケアにも気を付ける!

 

・洗顔→乾燥に注意したい春は熱いお湯での洗顔はNG!

 

 お肌を乾燥から守るための皮脂は40℃以上のお湯になると溶けて流れてしまうそうです。肌を覆っている皮脂が無くなるとお肌の奥の水分がどんどんと蒸発してしまうのでお肌は乾燥してしまうことになると

 

・汗と一緒に花粉やほこりが付着して春の肌は汚れやすい

 

 炎症やトラブルを防ぐためにも家に帰ったらできるだけ早くメイクを落とし花粉など外部刺激をオフしましょう。

洗顔用のタオルもできるだけ部屋干しや乾燥機などで乾かしたものを使えば少しはトラブルの回避に

 

・スクラブ洗顔、ピーリングなど刺激を与えるようなスキンケアはさける方が良いでしょう。

 

 お肌を痛める原因となってしまうのでこの時期は避ける方が

またパックなど栄養分の多いケアもお肌が弱りがちなこの時期には帰って刺激となる事もあるそうなので肌の様子をみてスペシャルケアをするようにするといいのでは

 

・春先は十分に保湿効果のあるスキンケアで!

 

 あまり早い段階から春夏用のスキンケアでさっぱりした質感や皮脂を抑えて肌をサラサラに保つ効果のスキンケアをすることで乾燥の原因になることも!

肌がおちついてきたら春夏用のスキンケアをとり入れると肌に負担なく潤いをしっかり保つことができるそうです。

 

f:id:agute:20170328155616j:plain

 

 

 

春の肌は1年のうちでもっとも不安定になりやすい時期と!晴れ

 

しっかりしたケアで整えておきたいですね照れ

 

 

 

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002

春バテ

こんにちはニコニコ

津島市にある未来の美容整体「A.Gute」東です音符

 

   

            f:id:agute:20170412100704p:plain

 

冬も終わり暖かな日が照れ

お花見や行楽などお出掛けが楽しい季節ですね。

 

でも、せっかく予定を立てていても  なんだかイライラしたり、

眠けがとれない、体がだるいからと動くのがおっくうになったりしてませんか?

 

それは、夏バテならぬ“春バテ”かもショボーン

 

 

春バテの症状

 

肩こり・手足の冷え・身体のだるさ・睡眠不足

イライラする・気分の落ち込み・憂うつ感

 

 

原因

 

・気象の変化

 

 春は気圧の変化が激しく、さらに寒暖の差も激しいので

 身体がうまく対応ができず自立神経が乱れてしまいます。

 

・生活環境の変化のストレス

 

 年度の変わり目ということで、学校やクラスが変わったり

 職場が変わったりすることによるストレスで交感神経が優位になり

 自立神経が乱れてしまいます。

 

・うつ冷え

 ・気象の変化と生活環境のストレスが重なると、身体の血のめぐりが悪くなり

  冷えによってセロトニン(幸せホルモン)やドーパミン(やる気ホルモン)を

  作る酵素が働きにくくなりうつ冷えという合併症にショボーン

 

 ・不眠

  春になると疲れているはずなのに なかなか眠れなかったり

  寝たはずなのに疲れが取れないことが… 

  環境の変化に心が対応しきれず考え事がおおくなる。 

  

 

予防と対策

 

 ・身体を温める

  ゆっくりお風呂に浸ると自立神経が整えられ身体がリラックスします。

 

 ・深呼吸

  腹式呼吸は横隔膜を動かすので内臓の動きが活発になって

  血のめぐりがよくなり、神経が安定し脳の活性化にも役立ちます。

 

 ・ストレスを溜めない

  人に話を聞いてもらったり、自分の為だけの好きなことをする時間を作る。

  なるべく、くよくよ悩まない。

 

 ・アイマスクを利用する

  アイマスクをすると強制的に視界が暗くなり、自然と目が開かなくなり

  副交感神経が活動しやすくなり 寝つきやすくなります。

 

 

まとめ

 ポカポカと暖かい季節なのでつい薄着をしてしまいますが

 春こそ冷え対策をしっかりとしたいですね。

 

 そして、新たな環境でのスタートは楽しみも大きいですが、不安や緊張もあり

 知らず知らずのうちに大きなストレスを抱えてしまうこともあせる 

 楽にかまえて頑張りすぎず リラックスを心がけてピンク音符 

 

 春は、子供たちも普段と変わらなくても見えない部分でストレスを抱え込んで

 精神状態が不安定になることもあるので 優しく見守ってあげましょうお願い

 

  

 

   

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002

 

春のトラブル②

こんにちはとびだすピスケ2

 

津島市にある A.Gute整体院 西山です。

 

 

春の肌荒れなるべくさけたいですよねチュー

 

・乾燥

 日差しが強くなりだんだんと暖かく気温が上がってくる時期!

しかし湿度も急に上がるわけではないと…

冬と同じく空気が乾燥しやすい春は保湿ケアを十分にビックリマーク

 

・温度の変化で不安定

 春は急激に気温が変化するために変化にお肌がついていけずアンバランスに。

肌のターンオーバーが乱れたり肌のバリア機能が低下してニキビや吹き出物、赤みなどの炎症がおきることも

 

・意外と強い紫外線

 1年で最も紫外線が強いのは夏ですが、7.8月とほぼ同じくらい春は紫外線の降り注ぐ量が多いそうです目

気温の変化で敏感になっている肌に強い紫外線を浴びることでお肌がトラブルをおこしてしまうことも。

又、美白ケアなども実はお肌に負担がかかる事も…

成分の濃度が高い美白ケアコスメは不安定な状態のお肌にとってはかえって刺激になってしまうそうです。まずは日焼け止めでしっかり紫外線をカットしお肌の状態が落ち着いてから美白ケアコスメを使用してみてはどうでしょうか

 

・花粉による炎症

 花粉症で悩まされる人も多いのではないでしょうか!花粉症の人はこの時期空気中に飛び散る花粉によって肌トラブルが起こってしまうことも。

花粉症は一種のアレルギー反応。

くしゃみや鼻水、目のかゆみと同じように花粉にアレルギーを持っている人は皮膚に花粉が付着することによりニキビなどのトラブルや炎症を起こすこともあるそうです。

 

 

 

 

春は気持ちいい季節でもありますが油断禁物と!

 

スキンケアも気をつけなくてはいけませんね。

 

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002

 

 

春のトラブル①

こんにちはとびだすピスケ2

 

津島市にある A.Gute整体院 西山です。

 

日本には折々の季節がありますね黄色い花

 

でも苦手な季節もありませんか?

 

そんな中…

 

季節にはそれぞれの気温や湿度と環境など違うためそれぞれにあわせた注意・対策(ケア)をしなくてはなりませんね。

 

その中でも春は肌荒れなどトラブルを起こしやすい季節とも言われており

お肌が敏感になるそうですびっくり

なるべく早めに対処し春の肌荒れを未然に防ぎたいですねビックリマーク

 

春の肌荒れの原因は花粉などのアレルギーや紫外線、季節の変わり目による自律神経の乱れなども関係しているもよう。

  ・強くなりつつある紫外線

  ・アレルギー反応

  ・痒みによる摩擦刺激

  ・新陳代謝が活発になることによる汗や皮脂量の変化

  ・ホルモンの分泌が盛んになる

  ・季節の変わり目による自律神経の乱れ

 

冬から春にかけて気温も上がり紫外線も強くなってきていますが季節の変わり目はつい油断しがちあせる

3月の紫外線量は7.8月と同程度とびっくり

しっかり紫外線対策が必要となります。

 

花粉を防ぐためにマスクをしたいところ!そのマスクでトラブルも!!

 

質のよい(自分にあう)マスクを探し、むれたり、かぶれたりしないよう工夫を!

 

マスクにかぶれる原因の1つとして使い捨てのマスクの素材として使用されている不織布の刺激があります。

使い捨てマスクには不織布という素材が使われている事が多いそうです。

 

不織布→繊維を織らずに作られている布で化学繊維の一種。この科学繊維が肌への刺激となってマスクかぶれが起こることが多くあるそうです。

なので肌が弱い人には刺激になる事があります。

 

・マスクの蒸れ

マスクをしていると通気性が悪く蒸れて菌が繁殖してしまうことがあります。この雑菌が肌荒れを引き起こす要因にも

 

・肌にふれる部分がこすれる

マスクが肌に触れている部分が炎症を起こしている場合も

耳にかける部分や上下のワイヤーなどの部分がどうしても肌に触れてしまう。この肌に触れている部分の摩擦で肌が傷つき、痒みや肌荒れ、時にはかぶれを引き起こします。

 

マスクかぶれの対策

マスクの種類を変えてみる。使い捨てマスクにも敏感肌用のものもあり、肌に刺激になりにくいよう作られていて通気性も良いものが多い。

また使い捨てではなく、ガーゼやシルクを使ったタイプのマスクを使用してみるのも。

 

接触する部分を保護

接触する部分にだけ肌荒れを起こす場合その部分を保護するだけでも改善

肌に触れる部分にガーゼなどの柔らかい布をはさみ直接肌に触れないように

外出などガーゼを挟むことが難しかったらワセリンを塗ってみては…ベタベタしますが摩擦による刺激を減らす事ができ皮膚の保護剤として使用することができるそうです。

 

 

 

 

肌が弱っている時だからこそトラブルも起きやすい。肌を保護してくれるマスクで肌荒れしてしまうのは…しっかり対策して肌を痛めないようマスク選びも必要なんですねカゼ

 

 

 

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002

花粉症に効果的な食べ物

こんばんはニコニコ

津島市にある未来の美容整体「A.Gute」東です音符

 

今年も花粉症の症状が出てきて、目がかゆくなり鼻水もえーん辛い季節ですあせる

 

 

今年は、スギ花粉の飛散量が昨年に比べ増加しているようでガーン

地域によっては7倍以上の花粉が飛んでいることもあせる

 

 

冬は肌が乾燥する為、皮膚のバリア機能が低下してしまい   花粉が皮膚から侵入することによって  鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどの症状を引き起こしてしまいます。

人口の25%の人が花粉症にかかっていると考えられ   一度発症すれば完治が難しい花粉症に対して、食生活でも対策をウインク

 

 

トマトやレンコンなどの野菜

 

トマトにもレンコンにもポリフェノールが含まれて花粉症に効果のある食べ物なのです。

 

まずレンコンにはムチンという糸を引く成分が入っていて粘膜を保護し、
レンコンに含まれるタンニンというポリフェノールの一種は免疫・抗酸化作用びっくり
そして食物繊維が豊富で腸の働きを整えてくれ 花粉症対策に効果がある

成分ばかりだそうです。

 

トマトは皮にナリンゲニンカルコンという
ポリフェノールの一種が含まれていて皮ごと食べると抗アレルギー作用
があります。

 

その他の花粉症対策野菜

大葉・ショウガ
バジル・ミント
レモンバーム

 

 

ヨーグルトなどの乳酸菌

 

乳酸菌には整腸作用があり腸内環境を整え免疫力の活性化のお手伝いをする

ことにより体質改善をして花粉症にならなくしてくれます。


即効性は期待できないので毎日の積み重ねが免疫力を上げ

花粉症を予防してくれます。

 

 

バナナやいちごなどの果物類

 

バナナに含まれるビタミンB6が花粉症のくしゃみに効果があると言われています。

イチゴにはGAPDHという酵素がありアレルギーを抑える効果があります。

 

1日の摂取量は、
バナナ1日に2本、イチゴ15個~20個食べると効果が期待できるそうです。

ただし、果物アレルギーを起こしやすいということも
言われていますので食べすぎや違和感があれば食べないようにしましょう。

 

食べない方がいい果物

・ メロン・リンゴ・サクランボ
・ バナナ・モモ・パイナップル
・ レモン
・ グレープフルーツ等

 

 

納豆などのにがり製品

 

納豆にはレンコン同様ムチン(ポリフェノールの一種)が入っていて
粘膜を保護してくれ、乳酸菌で腸内環境を整えその他に
セレンたんぱく質亜鉛といったアレルギー緩和や粘膜修復作用があります。

 

にがりはマグネシウムが主成分なのですが、マグネシウムが花粉症対策に繋がる理由は、
液状化したマグネシウムは腸で効果を発揮して便秘改善をし腸内環境が整えられ
免疫力が改善します。
免疫力が改善されるとアレルギー緩和されるという仕組みになります。

にがりは花粉症の予防、即効性はないものの花粉症緩和の効果があるので
ヨーグルトと同様にがりも花粉症予防として毎日摂取するといいそうですむらさき音符

 

ミントガム

 

普通に売っているミントガムのことなのです。

ガムにはリラックス効果があることはご存知だと思います。

それ以外に租借運動(そしゃくうんどう)には鼻詰まり緩和効果があるのです。

そしてミントガムはハーブのペパーミントが使われています。
ペパーミントにはミントポリフェノールが含まれていて
鼻詰まりや、鼻のムズムズ感、くしゃみなどを抑えて
くれます。

そしてミントガムを噛むと鼻の粘膜に直接作用して呼吸を楽にしてくれます。

 

 

花粉症の予防に早い時期に体質改善ができているといいですが、

もうすでに花粉のピークガーン

少しでも花粉症の緩和になるように毎日の食事に取り入れてみてください照れ

 

 

************************

黄色い花ドイツ式美顔リフレ ¥4,500
シミ・シワ・顔のむくみ・たるみ・ホウレイ線にお悩みの方、
ぜひお試しください!

 

************************

 

A.Gute整体院

〒496-0015 津島市高台寺町字北浦38

TEL0567-69-5002